2015.08.14

5年間限定だから早めに行きたい!代官山駅スグの「テノハ代官山」でハイセンスなアイテムと極上の“おいしい!”に満たされて

中山秀明

お洒落なアパレルのショップや、大人向けの美食店などが集まる代官山。この憧れの街に昨年2014年11月末にオープンした、衣・食・住の複合施設「TENOHA DAIKANAYAMA(テノハ代官山)」をご存知ですか!? 「代官山駅入り口」交差点の一角という好立地な場所柄、存在は知られているかもしれませんが、「中がどうなっているかわからないっ」という方も多いのでは。そこで今回は、各店舗の紹介を中心にレビューしていきます!

IMG_4353

 

「新しい“暮らし方”の提案」がコンセプトの5年限定施設

お店は、雑貨を中心としたライフスタイルショップ「TENOHA & STYLE STORE」、本格カジュアルイタリアン「TENOHA & STYLE RESTAURANT」、日本初出店となるイタリアンバール「BONDOLFI BONCAFFE(ボンドルフィ ボンカフェ)」がメイン。ほかにはないようなアイテムや食が満載なんです。でも、それもそのはず。コンセプトは「新しい“暮らし方”の提案」で、そのテーマに沿ったハイセンス&ワンランク上の商品がそろっているというワケ。また、より先の未来を見据えて5年限定のオープンというのもポイントです。

DSC_7731
_DSC_7735

 

 

暮らしだけじゃなく人生まで変わりそうなアイテムがズラリ!

まずは「TENOHA & STYLE STORE」から見ていきましょう。ここは国内外のインテリア・雑貨・食品・アパレル・グリーンなどを取り扱うライフスタイルショップ。商品を見ると、それらの多くに解説や作者名が紹介されており、つくり手の想いを伝えたいという気持ちが伝わってきます。コミュニケーションもテーマのひとつで、ふれあいを大切にしたイベントやワークショップも開催されているのでこちらも要チェックですね。

_DSC_7736

 

 

ネット連動型のサービスに注目

これらのアイテムには画期的なシステムが採用されています。タグにQRコードが配されており、読み込むとオフィシャルサイト内「TENOHA & STYLE STORE」のオンラインショップにアクセス可能。万が一の品切れでも安心だし、カラーやサイズが豊富で悩んでしまうなんて時も、後でじっくり吟味できるのがうれしいですよね。ということで、どんなアイテムがあるのかをいくつか紹介していきましょう。

_DSC_7749

▼家具と一緒に使用例でディスプレイされていたり
_DSC_7740

▼「部屋」や「旅」などのテーマごとに陳列されていたり
_DSC_7741

▼アロマディフューザーは贈り物にも人気
_DSC_7743

▼和を感じさせるものも豊富
_DSC_7744

▼絵皿もバラエティ豊かなラインナップでさまざま!
_DSC_7745

▼調味料は「さ・し・す・せ・そ」すべてあり、食品も豊富
_DSC_7746

 

お洒落さと快適な居心地を持ち併せた素敵なレストラン

ライフスタイルショップの奥にある「TENOHA & STYLE RESTAURANT」は、高品質のイタリア食材を使用したトラットリア。『ミシュランガイド』のビブグルマン(5000円以下でおいしい料理と素敵なサービスを受けられるジャンル)認定の「トラットリア イルチルコロ」のメンバーが移転し、「味は極上、価格は日常」をテーマに、”旬の食材を意識した毎日食べたくなるイタリア料理”を提供してくれます。店内は全140席とゆったりで、なおかつその席間隔にもゆとりがあり、ベビーチェアの用意やトイレも広い、個室ありなど、子連れのファミリー層にもやさしい設計。これだけお洒落なのに、極上の親切設計は代官山では希少ではないでしょうか。また、キッチンスタジオやテラスもあり、様々な利用シーンに対応してくれます。

_DSC_7771

 

貸し切り利用も重宝される人気ぶり!

ただ、たまたまこの日は結婚式二次会の貸し切りが入っており、入店はできませんでした。でも、週末はそんな利用もされるほどの人気なのです。レストラン、ピッツェリア、バールを融合させた空間では、石釜で焼き上げたピッツァ(900円~)や旬の食材を使用したコース(平日ランチ2500円~、ディナー5000円)が好評とか。ぜひ利用してみてほしいです。

_DSC_7750

 

150年以上に渡って愛されたコーヒーが日本初上陸

よりカジュアルに楽しむなら、「BONDOLFI BONCAFFE」へ。ここは1855年にイタリア・ローマで生まれた歴史あるカフェ・バールで、本場の雰囲気をそのまま持ち運んだような陽気さも魅力。日本初上陸のイタリア有名コーヒー豆メーカーが展開しており、ローマから空輸される、苦み控えめのエスプレッソが名物とか。

_DSC_7777
IMG_4352

 

本場を感じさせる美食の数々!

ということで、「カフェラッテ」のアイスL(600円)と、「本日のパニーニ(この日はポルケッタというローストポーク)(650円)」、「カンティラ(550円)」というドルチェをオーダー。
IMG_4354
このカンティラはカリっとしたカンノーロ生地にティラミスクリームがたっぷり入った珍しいスイーツ。町場のカフェではなかなか味わえないメニューも豊富ということで、150年の伝統は流石ですね。
_DSC_7794

 

ビジネスの場としても重宝されています

そのほか、会員制のワーキングスペース「TENOHA LAB」は1階がミーティングルームやライブラリー、2階がシェアオフィスとなっていて、電源・無料wifiの利用はもちろん、書籍や資料、機器などが備え付けられているんだそう。2階には、そんなクリエイターたちによるジュエリーや美容系のお店もあって、こちらも注目ですよ。

_DSC_7756
_DSC_7762

 

食と美容と健康が連携した新たなカフェスタイルにも注目

また、別館には「SI・EMPRE CAFE&MARKET」があり。ここではPALETASの「フローズンフルーツバー(400円~)」のほか、野菜たっぷりのキッシュやフルーツを棒付きのパイ生地に乗せた「ベイクドベジタブルバー(500円~)」や「フルーツバー(600円~)」、「スムージー(700円~)」が人気です。

img_concept_03

とにかく、たくさんの魅力が詰まった「テノハ代官山」。

休憩やおしゃべりの場として立ち寄るのはもちろん、なにかプラスになるアイテムを求めに行くも良し、お土産やプレゼントを買うにも良し。色々な使い方ができると思います。各種イベントもやってますので、お出かけの際にはオフィシャルサイトもチェックのうえ、ぜひ立ち寄ってみてはいかがかと!

人気タグをチェック!

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

アンダーズ東京

館内は、和紙などの自然素材や和のモチーフを生かしたデザインでまとめられ、大人の寛ぎを感じる空間。上質なホテルステイが堪能できます。

  • Twitter
  • Facebook

17年秋インスタCP

17年秋インスタCP

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

シンボルタワー

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

シンボルタワー