2015.09.15

業界御用達のお土産も!食べ歩きで気軽に楽しめる麻布十番の名店5選

中山秀明

TOKYO DAY OUTでも数回紹介してきた麻布十番。東京タワーが近い都心部にありながら、昔ながらの雰囲気もある風情豊かな街ですよね。そんな土地柄、中には伝統あるお店も多いんです。

 

そこで今回は、老舗でありながら気楽に立ち寄って食べ歩きできる人気店を中心に、このエリアからピックアップ! 和菓子をはじめ、サンドイッチ、串焼き、揚げ物、いなり寿司と幅広いラインナップで紹介していきます。

_DSC_2765

 

明治創業の「紀文堂」で味わう究極の和製ワッフル

スイーツの名店も多い麻布十番ですが、特に外せないのが「紀文堂」。創業は明治23年(総本店が明治23年創業で、ここ麻布十番店は明治43年にのれん分けされたとか)なので1890年...。なんと100年以上昔から営業されているとはスゴイ! 人形焼きやおせんべいも人気ですが、マストは「ワッフル」だと断言させていただきます。なぜなら、ちょっと珍しいし、ハンパなくおいしいから!

 

▼ワッフル(カスタード) 140円
_DSC_3005

ハイ! このちょこんとした愛らしいルックス。定番の味はこのカスタードとあんずジャムがあり、税込みで140円。そのほか期間限定の味も数種あり、チョコレートや珈琲は162円です。まず素晴らしいのは、できたてのカステラを思わせる、甘くてどこか懐かしい生地の香り。食感もベルギーのワッフルとは違って、しっとりふんわりとしています。そして、そこに滑らかなカスタードクリームがサンド。口の中でゆっくりと溶けていくんです。
_DSC_3018

お店は老舗の風格がありながら、街に溶け込むオープンな面持ち。気軽に立ち寄ってみましょう!

_DSC_3000

 

ミシュランで紹介された「天のや」のたまごサンド

世の中にたまごのサンドイッチは数あれど、「天のや」ほど独特で、有名な店もそうはないでしょう。昭和7年に大阪で創業した老舗が平成15年、麻布十番に移転。以来、芸能人をはじめ多くの食通に愛され、おもたせの定番になったのが「たまごサンド」です。昨年は『ミシュランガイド2015』でビブグルマンに認定されました。

 

▼たまごサンド 1080円(テイクアウトは箱入りで1180円)
_DSC_3026

ただすみません。ひとつ注意したいのが、テイクアウトは提供に時間がかかるため、事前の電話注文がベターということです。お土産にしない場合は直接来店してイートインで味わいましょう。メニューはほかにもたくさんあって、お好み焼き(18:30より)やぞうすいといった食事系に、プリン、あんみつ、おしることいった甘味もラインナップ。店内は上品な小料理屋のような純和風の空間で、小休憩の癒しにぴったりです。

 

たまごサンドの味の印象は、軽やかなパンと、しっとり&どっしりとした密度のある玉子焼きのマリアージュといったところでしょうか。自分は、よく呼称される「ふわふわ感」よりも、たっぷりと水分を含んだ玉子のジューシーさがおいしいと思いました。最大の特徴は関西風の出汁をたっぷり使用した出汁巻き玉子と、マスタードを効かせたマヨネーズソースによる絶妙なハーモニーですね。ひと口サイズが12個と、ボリュームもたっぷり。シェアして楽しむのがおススメです。

_DSC_3023

ちなみに、池袋、新宿、渋谷、横浜の有名百貨店には、たまごサンドのテイクアウト専門の天のやが存在。そこなら予約不要かつハーフサイズ(701円)もあるので、利用するのも手ですよ。

 

居酒屋の名店「あべちゃん」の大ぶりな串焼き

飲み歩きが好きな人で知らないのはもぐりといえるほどの名店が「あべちゃん」。有名すぎる大衆居酒屋ですが、名物の串焼きはテイクアウトできるのもポイントなんです。店内は酒を酌み交わすお客さんでにぎわい、外にはテイクアウトを求める人の行列というのが同店で良く見かける光景ですね。

 

▼鳥もも肉 160円(左)、レバー 160円(右)
_DSC_2772

定番はレバーと鳥もも。どちらもサイズが大きめで、食べ応え満点。香ばしい焼き加減と甘めのタレがおいしさを際立てます。

_DSC_2764

そのほかにもメニューはさまざまなので、お好みでご注文を。また、行列といっても回転はとても早く、そこまで待つこともないのでご安心くださいね。

_DSC_2777

 

和牛ときたあかりで作る「楽万コロッケ店」の名物は塩で食すべし!

比較的に新しいお店ながらもTVや雑誌に頻出し、芸能人にもファンが多い「楽万コロッケ店」。コロッケをはじめとするお惣菜屋さんで、看板メニューは「和牛たっぷり特上コロッケ」です。これに使用するのは、北海道ニセコの生産農家から届く高級ジャガイモ「きたあかり」と、和牛というこだわりよう。ジャガイモは店内で蒸し、一つひとつ手で薄めに皮をむき、手でつぶして素材本来のホクホク感が残るように。そして肉はミンチにせず、包丁で千切りすることによってさらなるおいしさと食感を味わえるんだとか。

 

▼和牛たっぷり特上コロッケ 280円
_DSC_2746

ちなみにこのコロッケは、よりおいしく味わう食べ方があります。それは、素材の味を楽しむため、ソースはかけず自家製の羅臼昆布塩で食べるということ。当然かもしれませんが、化学調味料、食品添加物、保存料は使用していないので、うまみがダイレクトに感じられるんですね。

_DSC_2740
_DSC_2754

お店はちょっとした路地裏にあります。メニューは豊富で「ずわい蟹のプレミアムクリームコロッケ(388円)」や「楽万メンチ(388円)」なども人気。シェアして食べ比べるのもおススメですよ!

 

 

具だくさんで縁起もかつげる「月島家」の出世いなり

最後に紹介するのは、テイクアウトでフードもスイーツも楽しめる老舗。いなりずしと今川焼が有名な「月島家」です。ここでぜひ食したいのは、ちょっぴり変わったビジュアルのいなり寿司「出世いなり」。

▼出世いなり 220円
_DSC_3244

特徴は油揚げが裏返しになっていて、具にレンコンとシイタケが入っていること。なんでも「裏を食うという意味と、中のレンコンは世を見通す、シイタケは健康の願いを込めて」と、約40年前に先代が考案したんだとか。

_DSC_3242

味付けはシャリも揚げも甘めで、ふんわりと握られています。皮がとってもジューシーで、ほおばるとうまみが口いっぱいに。レンコンやシイタケのアクセントも良くて、ペロリと食べられるはず。また、一般的な「いなりずし(写真上/110円)」もあるので、シンプルに楽しみたい方はこちらをどうぞ。

_DSC_3229

 

_DSC_3230

 

今回挙げたお店以外にも、麻布十番には気軽に楽しめるグルメな逸品がたくさんあります(「豆源」の「おとぼけ豆」や、「麻布かりんと」の「こがし黒蜜かりんとまん」etc)。大人の街という印象もありますが、本レポートでグっと身近になったのでは!? 食べ歩きはもちろんお土産にも喜ばれること間違いなしなので、ぜひ行ってみてください。

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

グランド ハイアット 東京

カルチャー、ファッションなど最新の情報が集まる「六本木ヒルズ」にあり、施設も充実。青山、赤坂、虎ノ門にも近く、東京遊びの拠点におすすめ!

  • Twitter
  • Facebook

旅行会社のスタッフに聞いた、今人気の東京ホテルとは?(170913~)

ハイクラスホテル

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

ハイクラスホテル

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

ハイクラスホテル