2015.10.08

革新からレジェンドまで専門家が格付け!秋に食べたい「たい焼き」名店4選

中山秀明

「たい焼き」。あったかく優しい甘さで、なんといっても見た目がカワイイ。こんなに愛くるしいお菓子、そうはないんじゃないでしょうか。肌寒さを感じるようになった今日このごろ。ほっこりできるスイーツはいかが? ということで、そんなたい焼きの名店を、フードアナリストでもあるワタクシが厳選して紹介しましょう。

 

普段、雑誌などで食の評論家として格付けをしたりしているのですが、それにならって「皮の食感」、「あんこの量」、「あんこの甘さ」の5段階評価(★)を付けて今回はお届け。また、金型がひとつずつ焼く「天然」か量産型の「養殖」タイプ、どちらなのかもしっかりリサーチしました!

_DSC_0282

名曲のモデルになった麻布十番の「浪花家総本店」は世界一など数々の伝説アリ

オリコンの歴代シングルランキング1位といえば、1975年当時『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして発売された『およげ!たいやきくん』。実はこの名曲のモデルになっているのが、麻布十番の「浪花家総本店」なんです。

 

▼鯛焼 150円
_DSC_3008
【焼き型】天然
【食感】★★★★(パリパリ)
【量】★★★★(多め)
【甘さ】★(控えめ)

 

さらに創業が1909年(明治42年)という歴史もさることながら、同店は一説によると「たい焼きの元祖」、「たい焼きの売り上げ世界一」という伝説も。さらに世界的なロックバンド「エアロスミス」もたい焼きラヴァーで、そのきっかけになったのはこのたい焼きだとか。なんでも、日本公演終了後に大量購入したものの帰国の機内でだれかが完食してしまい、それを知ったスティーヴンタイラー(ヴォーカル。ハリウッド女優・リブタイラーの父親)が大激怒してバンド解散の危機に面したそうです。

_DSC_2882

やや脱線しましたが、肝心な味の話をしましょう。皮は中が透けるほどの薄さのためパリっとしていて香ばしく、尾ビレの部分までたっぷり入ったあんこはふっくら。でも甘さは控えめなので重くないのが特徴です。

_DSC_2991

ちなみにお店は2階建ての軽食甘味喫茶になっていて、焼きそば(500円)も人気とか。ほかにお汁粉、かき氷、あんみつなどもありますので、麻布十番のお散歩途中に寄るのには丁度いいのでないでしょうか!

 

 

冷たくてあったかい!?恵比寿「ひいらぎ」は斬新で激ウマ

伝統と革新の融合。そんなことばの似合うたい焼きが、恵比寿にあります。それこそが「たいやき ひいらぎ」の「たいやきソフト」。なんとまあ、たい焼きの頭がソフトクリームにぶっ刺さってるじゃありませんか!

 

▼たいやきソフト 420円
_DSC_3211
【焼き型】養殖
【食感】★★★★★(バリバリ)
【量】★★★★(多め)
【甘さ】★★★★(甘め/ソフトクリーム分を含めて)

 

できたてアツアツのたい焼きが、冷たいソフトクリームを溶かしていきます。また、バニラ味のミルキーなソフトクリームが、バリバリの薄皮生地を湿らせていきます。
_DSC_3213

最初は別々に食べて、途中から組み合わせて・・・。という食べ方もおススメですが、この絶妙なアンサンブルがなんとも斬新で美味!

_DSC_3216

あんこは皮からはみ出るほどギッシリ。もちろんそのまま食べてもおいしいですよ! ちなみに、単品の価格は1匹150円。ソフトクリームはバニラが320円で、抹茶や小豆シェイクは370円です。

_DSC_3204_censored
センスあふれる大人の街・恵比寿にぴったりなたい焼き屋さん。ぜひ行ってみてほしいです。

 

 

6店舗展開する「神田達磨」は羽根付きで飛べそうなおいしさ!

羽根付き餃子といえば蒲田ですが、羽根付きたい焼きといえば神田。それぐらい、こちらのたい焼きもインパクトがあるおいしさです。店名は「神田達磨」。上野や新橋など都内に6店舗展開している実力店で、本店は神田小川町にあります。今回は中野店に行ってみました。

 

▼羽根つき鯛焼き 粒あん 150円
_DSC_3276
【焼き型】養殖
【食感】★(しっとり)
【量】★★★★(多め)
【甘さ】★★(控えめ)

 

やはり特徴なのは生地。羽根はサクサク、皮の外はしっとり柔らかめという絶妙な食感です。比較的鯛の尾ビレが大きめなのもポイント。大人っぽいビジュアルで凛々しさがあります。

_DSC_3278
あんこは北海道の十勝産というこだわりよう(とはいえ今回紹介しているお店はおそらくすべて十勝産だと思います)。甘さは控えめですがしっとりとしていて、生地の自然な甘さと相まって丁度いいテイストです。

_DSC_3263
中野は東京西部のグルメ激戦区のひとつで、特に「中野ブロードウェイ」やその近辺においしくてリーズナブルなお店がたくさんあります。同店はそれとは逆側の南口エリアですが、駅から近いので中野に降り立った際にはぜひ!

 

 

下町の粋な専門店「根津のたいやき」には早めに行くべし!

昼過ぎには売り切れ閉店というシビアなお店が「根津のたいやき」です。今回紹介する中で、アクセス的には一番行きづらい場所。かつ値段はやや高めですが、人気は随一かもしれません。そして商品はたい焼きオンリーという専門店です。その粋なこだわりが、唯一無二のおいしさを生んでいるのでしょう。

 

▼たいやき 170円(1個)
_DSC_7902
【焼き型】天然
【食感】★★★(パリっ)
【量】★★★★★(多い)
【甘さ】★★★(普通)

 

とにかく、ひと口食べれば人気も納得。ぐうの音も出ないような、ねじ伏せられてしまうおいしさがあります。

_DSC_7903
あんこがパンパンに詰まっていて食べ応えがあるものの、風格を感じる好バランスタイプのたい焼き。「これが東京スタンダードかも」と思えるほど飽きのこない味わいです。

_DSC_7898
ちなみにルーツをたどると、もともとは1916年(大正5年)創業の「人形町 柳屋」の根津店として1957年に開業したのがはじまり。その後2000年に「柳屋」から「根津のたいやき」として独立しました。約100年前代からの伝統の味が今に伝わっているんですね。

 

実はワタクシ、一度昼過ぎに行ったら完売していたという苦い経験があります。10:30オープンとなり12:30~14:00ごろの売り切れ次第終了とのことなので、早めに行くのがおススメですよ!

_DSC_0284

そんなこんなで以上の4店が激レコメンドとなります。今川焼きやどら焼きなどと同じくシンプル素材の和菓子ではあるものの、形状などの独特な個性が光るたい焼きは、食べ歩きだけでなくお土産にも喜ばれること間違いなし。また、洋菓子より比較的おトク&ヘルシーなのも魅力ですよね。ぜひこの秋の「食べたいものリスト」に加えていただければ!

[関連特集]風情と歴史に触れてみない?グルメやショッピングを楽しめる下町特集

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

グランド ハイアット 東京

カルチャー、ファッションなど最新の情報が集まる「六本木ヒルズ」にあり、施設も充実。青山、赤坂、虎ノ門にも近く、東京遊びの拠点におすすめ!

  • Twitter
  • Facebook

ハイクラスホテル

旅行会社のスタッフに聞いた、今人気の東京ホテルとは?(170913~)

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

17年秋インスタCP

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

17年秋インスタCP