2015.10.21

谷根千界隈で見つけたオシャレな雑貨屋さんvol.2

emi

谷根千をぷらり散策していると、気になるおしゃれな雑貨屋さんがあちこちに点在しています。前回のvol.1に続き、今回も素敵なこだわりのある雑貨屋さんをご紹介します♪
※独断と偏見で選んでいます。また、順不同です。

 

100年以上続く確かな技術と新しい発見がある「亀の子束子西尾商店」のアンテナショップ『亀の子束子谷中店』

kamenoko1
△くねくねとした道の通称“へび道”は、おしゃれな外観のお店が続く通りでもある。そこに構えるベーグル屋の『旅するベーグル』や革小物屋の『Mais D.cuir』と並ぶ、白いカフェのような外観のこちらは、なんと束子専門店!明治40年に東京の文京区本郷で創業した『亀の子束子 西尾商店』のアンテナショップとして、外国人や若者に束子の魅力を伝えるため2014年11月に谷中にOPENしたんだそう。束子を売っているとは思えない外観に心躍らせながら中に入ってみました。

kamenoko2
△白を基調とした店内は、たわしを売っている専門店というよりもカフェのようなぬくもりを感じる雰囲気。ディスプレイも含め、いい意味で期待を裏切ってくれる。「古くからの寺町、職人町としての風情を残し、今では新しいショップが軒を連ねる人気の街・谷中で、日本の三大発明と評される『束子』を様々な形で発信していきます!」とのことだが、その想いどおりに、確かに束子に対するイメージが変わりそうな店内でした。

kamenoko3
△また、100年以上続く定番の「亀の子たわし」以外の商品も豊富で、店内に陳列されているラインナップに驚く人も多いはず!束子の色も茶色だけでなく白やシマシマのカラフルなもの、形もハート型や音符型のもの、束子で作った亀のオブジェまで置いてあります。お風呂で使えるボディケア用のたわしは、女性に人気なんだとか!これは要チェックですね♪

 

そして、亀の子束子ロゴグッズのマグカップやTシャツ、トートバッグ、ストラップなどは、お土産に買って帰る方も多いとのこと。歴史あるロゴが逆に新鮮で、レトロなデザインが喜ばれそうです◎同ブランドならではの品質と、より生活を楽しく今の家に合うような可愛さを備えた商品を見ていると、決して広くない店内なのについつい長居してしまいます。

kamenoko4
△たくさんあって結局わからなーい!という人は、店員さんにオススメを聞いちゃいましょう♪私も自分の今の暮らしに合う商品を店員さんに選んでもらい、「棕櫚たわし極〆」をお持ち帰りしました◎強度と柔軟性を併せ持った棕櫚は、何を洗うにも重宝する万能選手らしい!優しく食材を洗ったり、木のまな板を洗ったり、ステンレスの調理器具を洗ったりする我が家にはぴったりだそうです◎ちなみに、「銀杏のまな板を洗うには目の詰んだ棕櫚の束子でなくては」と、料理人は口をそろえて言う代物なんだとか。

 

kamenoko5
△「白いたわし」シリーズ。店員さんイチオシの商品でこちらも捨てがたかった!なんと言っても見た目がベーグルみたいで可愛いんです!右手のホワイトパーム素材のものは、パームのかたさを活かした野菜の泥汚れや 皮むきに向いているそう。左手 のサイザル麻素材の方は柔らかく手に吸い付くような使い心地が特徴で、木のまな板を洗うなら棕櫚の方が適しているらしいのです が、キッチンに飾ったときの可愛さも毎日キッチンに立つ女性の大事なモチベーションじゃないかと思うのです(笑)。そういう理由で、実際に女性に とても人気な商品だそうです◎

kamenoko6
△店員さんいわく、束子はちょっとまだ慣れない・・・という人にオススメなのは、「亀の子スポンジ」(上段)と、「スポンジたわし極〆」(下段)。スポンジのスタンダードとなるべく生まれた亀の子スポンジは、除菌、水切れ、握り心地にこだわって、スポンジに求められる機能をシンプルに見極め製品化したんだそう。束子ではなくスポンジ派の人はまず試してみたいですね◎

 

実家から出ていると、実は家にたわしがないなーという人も案外いるはず(私も結婚してから持ってなかったことに気づきました笑)。掃除用でもボディケア用でも、束子の特徴を聞きながら、今の生活に合った束子をプラスしてみるのもいいかもしれません♪

 

 

 

暮らしを心地よくするために、次世代に残して伝えていきたいものを紹介する『classico』

classico1
△台東谷中郵便局の隣にひっそりと佇む『classico』。決して強く主張してこない外観からコンセプトが伝わってくるよう。

classico1_2
△「長い年月、人々に愛され育まれてきたもの、次世代に残し伝えていきたいもの」をコンセプトとし、「antiques、clothes、crafts、life」をテーマに、「classic」と「暮らし」を店名の由来にもつ『classico』。ライフスタイルショップではなく、“暮らしを心地よくするための道具屋”であると、オーナーの高橋さんは言います。

classico2_1

classico2_2

classico2_3

classico2_4
△店内は、それらを表現するかのように、飾りのない機能的な衣類と、日常品としてのテーブルウェア、用の美を満たしたアンティークがディスプレイされています。

衣類なら、風合い、形、素材、色など全て含めて着心地がいいものなど、自分で使ってみて本当に良いと思うもの。ストーリーがきちんとあるもの。大量生産ではなく作り手の想いがきちんと伝わるもの。出来るだけ自国で作っているもの(その土地の良さが反映されているもの)。そんなこだわりを強く持って、気持ちが動かされるものをご自身の感覚で選んでいるという高橋さん。口調から、商品に対する確かな自信と、優しいまなざしを感じてとても心地よくなると同時に、置いてある商品への信頼度や愛着がぐんっと増しました◎

 

全ての商品を自信を持って紹介できるという高橋さんに、今回は無理言って、その中でも特にオススメする商品を教えてもらいました。

classico3
△「h.b b.d. shirts」。
デザイン、工場探しから高橋さんが関わり、高橋さん自身が毎日でも着たいものを作りたい、という想いで作られたそうです。シンプルなデザインのシャツだからこそ、バランスがしっくりくるシャツってなかなか出会えないもの。こちらは、着丈、着心地、素材、全てとにかくバランスがいいんだとか!高橋さん同様、毎日このシャツを着ていますと言って、何着も買っていくリピーターさんが多いそうです◎

classico3_2
△素材によっても印象ががらりと変わります。ぜひ試着してみてください◎

 

classico4
△「神戸ザック」。
登山用品店が作っているので、登山用ザッグと製法や素材は変わらないため丈夫で耐久性があるのが特徴の商品。こだわりはそのままに、デザインを変更して毎日使えるようなリュックに!色も革の部分のデザインもとっても可愛くて、女性に特に人気なんだとか◎何を隠そう、私もお持ち帰りしたくなりお財布と相談して諦めました(涙)。

classico5
△「シューズライクポタリー」。
久留米にある老舗工場にて多くの手作業を経て作られるスニーカー。日本人の足の形の合う様に作られており、長い間履いても疲れにくいんだそうです。男女問わずコーディネートしやすいこのスニーカーは、お店には欠かす事の出来ない逸品だとか。是非その履き心地を試してみて下さい。

 

ベーシックだけどこだわりのあるものを求めている人はぜひ足を運んで欲しい「classico」。高橋さんとお話しながら店舗を回ってみると、より愛着が湧くものに出会えるはずです◎

 

 

さて、2回にわたる「谷根千界隈の雑貨屋さん特集」はいかがでしたか?

 

たくさん素敵なお店があるからこそ、自分のとっておきのお店を見つけられると嬉しいもの。今回ご紹介したお店にまだ訪れたことがない人は、ぜひ行ってみてください♪お店、人、モノなど、自分を満たしてくれる新しい出会いが待っているかもしれません◎どのお店もこだわりや想いが伝わってくるお店ばかりで、私はそれに触れてなぜか胸がきゅんとしてしまいました◎

[関連特集]風情と歴史に触れてみない?グルメやショッピングを楽しめる下町特集

人気タグをチェック!

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

浅草ビューホテル

今年30周年を迎える「浅草ビューホテル」は、2015年に全326室をリニューアル!スカイツリーが見えるお部屋に泊まって、思う存分浅草を楽しんで。

  • Twitter
  • Facebook

2017冬スカイツリープラン

2017冬スカイツリープラン

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

シンボルタワー

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

旅行会社のスタッフに聞いた、今人気の東京ホテルとは?(170913~)