2015.11.14

下町情緒で味わう、「すし乃池」の宝石のような「穴子寿司」8貫

ヨウ

千駄木駅から地上に上がり、団子坂と不忍通りのクロスするあたりから三崎坂を上野方面へ数分歩くと千代紙の名店「いせ辰」が見えてきます。この辺りは「谷根千(やねせん)」と言われる注目のスポット。

 

付近の散策は楽しく、時間の経つのを忘れてしまうほどです。西日暮里駅からのアクセスなら賑やかな谷中銀座の散策もオススメです。

 

「いせ辰」の少し先に、創業50年、老舗の江戸前寿司屋「すし乃池」があります。

IMG_7022

味のある佇まい。上を見上げると目に入る「乃池」の文字が老舗の貫禄を感じさせます。

IMG_7020

のれんをくぐって店内へ入ると、ひと席だけ空いている1階のカウンターへ案内されました。
店内は1階はカウンター8席、テーブル席が4人席と2人席。2階は椅子席と10人ほどの座敷があります。

 

ケースの中の美味しそうなネタが気になります。
IMG_7021

けれども、今日の目的は江戸前のネタにこだわった「穴子寿司」2500円です。
待つこと10分余りで目の前に置かれたのは、シンプルにガリだけが添えられた宝石のような穴子寿司8貫です。

IMG_7024

口に入れると驚くほど柔らかく、これが穴子?!という食感です。

IMG_7025
ふわふわした食感の穴子がよくタレに絡んで口の中で溶けていきます。これは確かにここでしか食べられない「乃池の穴子寿司」なのです。

ゆっくりと噛み締めながらいただきました。

大将の野池幸三さんにその美味しさの秘訣をお聞きすると、「穴子の力です」ときっぱり。江戸前の穴子は、特に冬場になると漁獲量が減り、馴染みの河岸からかき集めて確保しているそうです。

IMG_7023

静かに黙々と仕事をこなしていく板前さん、ごちそうさまでした。

店内で、店前で、何人かの「美味しかったね」と自然と言い合う声が耳に入りました。

乃池の穴子寿司は、ここでしか食べられないお味でした。

[関連特集]風情と歴史に触れてみない?グルメやショッピングを楽しめる下町特集

人気タグをチェック!

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

浅草ビューホテル

今年30周年を迎える「浅草ビューホテル」は、2015年に全326室をリニューアル!スカイツリーが見えるお部屋に泊まって、思う存分浅草を楽しんで。

  • Twitter
  • Facebook

シンボルタワー

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

シンボルタワー