2016.01.11

誰かに話したくなる場所、BUNKA HOSTEL TOKYO

aoq

浅草の「BUNKA HOSTEL TOKYO(ブンカ ホステル トーキョー)」。この場所を知っていることを自慢したくなる、誰かに話したくなるストーリーにあふれ、それを聞くことでさらに「ここちよさ」が増す…そんな、じっくり味わい深い場所でした。

 

「入り口」の構え方

浅草「すしや通り」のアーケードを進むと現れる、「BUNKA」のサインが人目をひくシンプルな印象の建物。街と自然に共存しているようでいて、ちょっと気になって覗きたくなる…不思議な吸引力のある空間が、そこにありました。

正面2

それもそのはず、1階エリアは、なんとホステルのフロントと居酒屋が融合!その名も「居酒屋 ブンカ」というこちらのお店は、宿泊客だけでなく、どなたでも利用することができるそう。

 

ここに、ひとつめのストーリーがありました。

「緩やかに外とつながった空間が縁側のような役割を持ち、遠くから訪れた人もこの街に暮らす人も、すべて同じように迎え入れる。」そんなことをイメージしてつくられたそうです。

縁側

外と中をつなぎ、癒しを与える空間として日本人に馴染みの深い「縁側」を、ホステルの入り口に設ける。説明を受けなければ気づかなかったかもしれないストーリーが小さな感動になり、ここで過ごす時間の「ここちよさ」を高めます。

 

「シンボルマーク」に込めた想い

小さな正方形が並んだ円。このシンボルマークに、二つめのストーリーが。

看板

こちらのホステルが大切にしていること、それは「清潔感」。施設には強度と汚れにくさに優れ水にも強いタイルが、キーマテリアルとして使われています。そして、そこから生まれたのがこのマーク。“人と人のつながり=縁”をあらわし、整然と並ぶ格子模様が、清潔感や信頼、安心感の象徴として用いられているそう。よく見ると円が少し傾いて見えるのですが、これは地球の地軸と同じ傾きをあらわし、地球規模で人とつながっていきたいという想いが形になっているとのこと。マークひとつとっても、語れることがたくさんあります。

 

配慮の行き届いた「ここちよさ」

ドミトリー入り口

2階〜5階は、一人旅をリーズナブルな価格でたのしめるドミトリールーム。4階は女性専用のフロアなので、女性の一人旅も安心です。

こちらのドミトリールームの特徴は、「バンクベッド」と呼ばれる2段ベッド。

バンクベッド

見てお分かりの通り、入り口がバラバラに存在しています。実は、「BUNKA HOSTEL TOKYO」のバンクベッドは、1階と2階のベッドの向きが並行ではなく、縦横異なるように組み合わされているのです。

 

これが、3つめのストーリー。

階段の昇り降りの音や移動の気配が気になりにくい、プライバシーが極力守られた空間作りを実現。実は、この格子を利用した組み合わせの考え方は、先ほどご紹介した「シンボルマーク」の“格子模様”にも繋がっており、ホステル全体に、整然とした気持ちいい統一感があります。

 

6階は、高さが十分にある、ゆったりとした1段ベッドのドミトリールーム。

シングルベッド

1段ベッド2段ベッド問わず、すべてのベッドに備え付けの読書灯と2口のコンセント、そしてセキュリティロッカーがついています。また、床下には「靴入れ」も。

番号と靴いれ

こういったシンプルだけど配慮が行き届いた仕掛けがここちよく、満足度を高めます。

 

7階は、このホテル唯一の個室。トイレやシャワーも整った「ファミリールーム」です。

ファミリールーム

グループ専用のバンクベッドとソファ兼ベッドがあり、最大4名で利用することができます。こちらの部屋には、スカイツリーと浅草寺五重塔が同時に見える大きな窓があり、この場所ならではの景色がたのしめます。

ファミリールーム-スカイツリー

同じ7階のフロアにはコモンダイニングもあり、冷蔵庫や電子レンジ、トースター、ポットなども完備。宿泊客は、こちらで簡単な食事を取ることができます。

コモンダイニング

何かと気になる水周りや共有スペースはどこも清潔感があり、女性客が多いというのも納得です。

水回り

 

「思い思いの時間を過ごす」場所

はじめに紹介した「居酒屋 ブンカ」。宿泊客もそうでない方も誰でも気軽に立ち寄れ、初めて会う人との交流はもちろん、カウンターでの一人飲みもたのしめる空間です。

居酒屋ブンカ

カウンターの奥に見えるのは、こちらで飲むことができる新潟・北雪酒蔵の日本酒、「北雪」。「BUNKA HOSTEL TOKYO」オリジナルのデザインです。

富士

こちらに、4つめのストーリーが。

ホステルに入って正面の壁にはこのカップ酒が並び、まるで「富士山」のよう。この空間全体を「銭湯」のようにくつろげる場所にしたいという想いが込められているそうです。じんわりと広がる明かりと相まって、ホッとするような、あったかい印象でした。

 

「居酒屋 ブンカ」おすすめメニュー

寒いこの季節に外せないのが、こちらの「BUNKA鍋」。

nabe 2

BUNKA鍋 ¥950~

オリジナルブレンドの出汁がベースになったスープと肉団子がベストマッチ。サイズもちょうどよく、ぺろりと完食しました。

 

そして、こちらは種類豊富な「おそうざい」。

おそうざい

おそうざい ¥250~

旬の食材を使ったおそうざいは数種類の中から選ぶことができ、ちょっとずつ色々食べたい欲求を満たしてくれます。日本酒にもぴったり。

 

「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、その名の通り「日本の文化」を意識してつくられています。ただ、「日本らしさ」を意識しすぎると、障子や畳…など型にとらわれがちになってしまうところを、使いやすさや清潔感・心づかいの部分から自然に感じ取れる「和の心」を大切にしているとか。シンプルながら機能的なこの空間には、伝統を受け継ぎながらも進化した、今の日本の文化が表現されていました。そのひとつひとつのストーリーが、「ここちよさ」に繋がっていることを、ぜひ皆さんにも感じてもらいたいです。

人気タグをチェック!

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

東武ホテルレバント東京

東京スカイツリー®オフィシャルホテルであり、北側客室や最上階のスカイツリー®ビューレストラン&バー「簾(れん)」の窓からは、東京スカイツリー®の全体像をわずか約1,500m先に望むことができます。

  • Twitter
  • Facebook

シンボルタワー

2017冬スカイツリープラン

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

2017冬スカイツリープラン

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

17年秋インスタCP