2016.01.23

展望台に昇るベストタイミングはいつ!?オトナは冬こそ「東京タワー」で遊べ!

伊藤ひとみ

東京に生まれ育って三十数年の筆者。今も「東京タワー」は大好きな建物の一つです。青空に映えるあの赤と白のコントラストや、夜の温かな光のライトアップを目にするといつもよりちょっと気持ちがアガる気がしませんか?

もちろん眺めるだけでも心ときめく「東京タワー」ですが、長年東京観光の定番スポットとして親しまれてきました。「東京スカイツリー®」開業後の現在も根強い人気を誇っているとか。そこでその理由を探るべく、久しぶりに昇ってみたワケです。そしたら・・・気づかされましたよ、ココがただの観光スポットではなかったこと。そして大好きだったはずの「東京タワー」をまだなめていた自分に。でも、オトナになったからこそわかることってありますよね。ということで、今回は改めて感動できる「東京タワー」の魅力に迫っていきたいと思います!

とうきょう1

まずは「東京タワー」の基本をおさらい

「東京タワー」の開業は1958年。高さ333mでパリのエッフェル塔(324m)より高く、自立式鉄塔としては「東京スカイツリー®」に抜かれるまでの約50年間日本一高いランドマークとして愛されてきました。展望台は2箇所あり、高さ150mに位置する大展望台(2フロア)と高さ250mの特別展望台をエレベーターで移動します。

東京タワーの足元にはオフィシャルショップや水族館、レストランなどが並ぶ5階建ての「フットタウン」があり、おみやげ探しはもちろん、東京タワー初のオフィシャル食べ歩きスイーツや人気マンガ「ワンピース」の大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」など「買・食・遊」が充実しているエリアです。

フットタウン1階・チケット売り場では特別展望台の待ち時間もチェック

さて、せっかく「東京タワー」に昇るのなら展望台から見渡す360°パノラマはもちろん、夕焼けから夜景まで楽しみたいですよね。そんな欲張りなオトナのために、今回は「日中から夜景まで楽しむには展望台にいつ昇るのがベストタイミングなのか」を体験してみたいと思います。

1月の晴れた日曜日。この日の日没は16:45の予定です。まずは東京タワー1階のチケット売り場で大展望台までのチケットを購入し、特別展望台までの待ち時間を確認。大展望台から特別展望台へは1基のエレベーターで移動するため、混雑状況によってはエレベーター待ちの行列ができています。この日は約30~45分の待ち時間が発生していました。

▼フットタウン1階 チケット売り場
_とうきょう2

景色を楽しみながら運動不足も解消!大展望台へは外階段で

チケットを購入したら、売り場横の入り口からフットタウンの中へ。目の前に大展望台までの直通エレベーターがありますが、ここはあえてその列には並びません。景色を楽しみながら、年末年始の食べ過ぎや日頃の運動不足を解消できる一石二鳥な方法があるからです。フットタウン館内のエレベーターもしくは階段で屋上まで移動し、土日祝日に開放されている大展望台まで約600段の外階段を利用してみましょう。

とうきょう3

所要時間はオトナの足でゆっくり昇っても、15〜20分程度。始めは寒さを感じますが、昇るにつれてだんだん体が温まって展望台に着く頃にはポカポカ暑いくらいに。

ゴールの大展望台でもらえる「東京タワーオリジナルキャラクター ノッポン公認 昇り階段認定証」はオトナもちょっとうれしい記念品。

▼ノッポン公認 昇り階段認定証
_とうきょう4

認定証のウラは異なる10種類の絵柄になっているので、全種類集めてみるのも楽しいですね!

_IMG_3926

またフットタウンの屋上は穴場のフォトスポット。見上げるとすぐ「東京タワー」の足元で、地上から見上げるよりも迫力満点です。またライトアップされた「東京タワー」を真上に見上げられるのは屋上だけ。遠くから眺める定番の「東京タワー」とは違ったアングルで撮影ができるのもポイントですね。

とうきょう5

日没目指して特別展望台へ

2フロアに分かれている大展望台に到着したらまずは2階に上がり、特別展望台に向かうエレベーターの待ち時間を再度確認しておくと安心です。混雑状況によっては、チケット売り場に表示されていた待ち時間より長引いている場合があるのでご注意を。

日没まで余裕があるようだったら、大展望台1階の展望カフェ「ラ・トゥール」で景色を眺めながら一息ついたり、2階のオフィシャルショップでおみやげを見てみては。1階には145mの高さから真下が覗ける「ルックダウンウィンドウ」が数箇所あるので、探してみるのも楽しいですね。

▼ルックダウンウィンドウ
とうきょう6

今回は大展望台に到着したのが日没の1時間前。待ち時間を確認する前に1階でのんびり景色を堪能してしまったこともあり、特別展望台行きのエレベーターの列に並びながら沈んでいく夕日を眺めるということになりました。

▼夕日が沈んでいく方向には富士山が
とうきょう7

無事にエレベーターに乗り込んで、高さ250mにある特別展望台に到着したのは17:00頃。日没は過ぎてしまいましたが日が沈んだばかりのタイミングだったので、夕焼けから徐々に薄暗くなっていく空と富士山のシルエットや、お台場方面の夜景などを十分に満喫できました。

とうきょう8
とうきょう9

空気が澄んでいて晴れた日中は遠くまで見渡せ、夜は高層ビルの光も美しく瞬く冬の空。日の入りから完全に暗くなるまでの時間も短いため、夕焼けから夜景まで凝縮した時間を味わえるのも冬ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

また年に2回、2月と11月には「東京タワー」から「ダイヤモンド富士」が見える日があります。次回は2月9日の17:45。まもなく訪れる神秘の瞬間を見逃すワケにはいかないですよね!

とうきょう10

美しいのは空だけじゃない。最先端のプロジェクションマッピングと夜景のコラボレーションに感動

特別展望台からの景色を存分に楽しんだら、再び大展望台へ戻ります。しかしエレベーターを降りると、大展望台2階は真っ暗。何が起きるのかと思いきや展望台の窓に映し出されたのは、大きな月や星が輝く夜空を少年が旅する夢の世界でした。これは現在行われている、日本初の展望台360度マッピング「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」によるものです。
とうきょう11

窓の上部はプロジェクションマッピング、下部は東京の夜景。バーチャルとリアルが融合した新しい夜景体験に、しばし見惚れてしまいます。4月3日まで開催されているので、ここはぜひお見逃しなく!

とうきょう12

また展望台1階は以前こちらの記事でも紹介されている、サンリオキャラクター「リトルツインスターズ(キキ&ララ)」とコラボレーションしたイルミネーションも開催中。ピンクとブルーのライトがフロアをキュートに照らしています。イベントスペース「Club 333」では定期的にライブイベントも行われているので、イルミネーションと一緒に音楽を楽しむのもいいですね!

とうきょう13

おみやげ探しはフットタウンへ

展望台から東京の眺望を堪能したら、混雑しているエレベーターは避けて再び階段でフットタウン屋上に戻ります。ライトアップされた「東京タワー」をカメラに収めたあとは、フットタウン3階の「TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY」でおみやげ探しを。売れ筋は「東京タワー」のマグネットやタオル、海外からのゲストにはポストカードなども人気とか。ポップでおしゃれなデザインのオリジナルグッズや、限定スイーツなどここでしか買えないものがたくさんあるので、ゆっくり見てみましょう。

▼フットタウン3階 TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY
_とうきょう14

ちょっと疲れていたら、すぐ隣に「マザー牧場カフェ」も併設されているので甘いもので休憩を。また2階には東京みやげの定番や、ちょっとユニークなグッズまで揃う「東京おみやげたうん」やレストラン街もあるので、こちらでも買い物や食事ができます。

▼ フットタウン2階 TOKIO 333
_とうきょう15

まだまだ遊べる・・・ワンピースタウン、水族館、ラブスポ

ここまで「東京タワー」の定番エリアをご紹介してきましたが、これだけではありません。スポーツ大好き・アクティブな方にオススメなのが、タワー内のランニングステーション「LOVESPO TOKYO」。この日もランニングウェアのカップルが、フットタウンや大展望台までの階段を駆け上がっていました。また、大展望台ではオープン前の朝ヨガも開催されているので、健康美を目指す方は要チェックです。

▼フットタウン3階 東京ワンピースタワー
_とうきょう16

マンガ、アニメが大好きなサブカル派にぜひ行っていただきたいのが、「東京ワンピースタワー」。人気マンガ「ワンピース」初の大型テーマパークで、ワンピースグッズを販売しているショップやカフェ、レストランもあります。また自然派志向の方は、アジア最大級50000匹の観賞魚が泳ぐ「東京タワー水族館」で癒されてみてはいかがでしょうか?

そしてカップルの皆さんに朗報です!今年のバレンタインデーは日曜日なので、通常は土曜・日曜・祝日の11:00〜16:00まで開放されている外階段が、この日に限り22:00まで延長されるとのこと。ライトアップも日没から22:00まではいつものオレンジ色ではなく、ピンクと赤のダイヤモンドヴェールが点灯されるので普段では味わえない外階段の雰囲気を楽しめます。今年は「東京タワー」でロマンチックなバレンタインが過ごせそうですね!

いかがでしたか?

東京の空を昼〜夕焼け〜夜景と贅沢に楽しむのであれば、やはり日の短い冬がオススメ。今回は日没の1時間前に大展望台についてギリギリだったので、混雑時は余裕を持って1時間半〜2時間前には昇っておくのが良さそうです。

また東京タワーの営業時間は23:00までと長く都心からのアクセスも良いので、仕事終わりに夜景やプロジェクションマッピングを楽しみに行くのもいいですね。帰りはライトアップされた「東京タワー」を眺めながら、近くのレストランでディナーなんていうデートコースも素敵です。

ちょっとレトロな雰囲気を残しながらも、最先端の技術も取り入れながら進化を続ける「東京タワー」。その魅力を、この冬ぜひ体験してみて下さい。

[関連記事]
東京タワー大展望台で「Kiki&Lala イルミネーション」がスタート♪
日本初!東京タワーの展望台をぐるりと囲う、天空の水族館
「オレンジイルミネーション」点灯!東京タワーウィンターファンタジー開催中
やっぱり素敵な東京タワー!光り方の秘密と東京タワーの楽しみ方を伝授♪
東京タワーにうっとり…♪思わず恋におちそうな夜景が美しいホテル3選

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ザ・プリンス パークタワー東京

都心とは思えないほどの緑に、圧巻の東京タワービュー。施設内には都内ではめずらしい天然温泉を備えたスパもあり、思う存分くつろげます。

  • Twitter
  • Facebook

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

17年秋インスタCP

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

ハイクラスホテル

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

シンボルタワー