2017.01.31

小林涼子が体験!わたしのためのフレグランス LE LABO代官山

小林涼子

シュッとひと吹きするだけでグラマラスにも、清楚にも私を演出してくれる「香水」。
ここぞ!という日はもちろん、なんだかメイクが決まらない…なんて自信のない日こそ、私は香水を身につけます。
TPO によって、選ぶ香りは変わるけれど、小林的には、むーんと色気が漂う女性になれそうなムスク系がお気に入り!
でも有名な香りだと人とかぶってしまうし…と、香水選びは毎回悩みに悩んでしまいます。
新たに愛せる香水を探していたら、「LE LABO代官山」では、その場で「私のために」香水を調合してくれるとの情報をゲット。
さっそく体験しに行ってきました。

LE LABO-1
代官山駅からすぐの場所にあるオシャレな「LE LABO代官山」。
ちょっと敷居が高く見える程ファッショナブルな建物の中に入るとスタッフさんが優しく迎えてくれた。
ドキドキしながら、フレグランスについてお話を伺う。

LE LABO-2
「LE LABO」では、オーダーを受けてから作り始める“メイド・トゥ・オーダー”というスタイルで、その場で「私のために」フレグランスを調合してくれるのだそう。作りたての香りが楽しめるだなんて、なんとも贅沢!


「LE LABO」のフレグランスには、アルコールベースのオードパルファム、ルームフレグランスの他に、アルコールフリーのウォーターベース、オイルベースといったテクスチャーを選べる香りもある。
ウォーターベースは、赤ちゃんにも使えるほど肌に優しいのだとか!オイルベースは、オイルとしてはもちろん、無香料のクリームなどに混ぜても使えるので、使い勝手抜群。
ただし、店内で調合を行っているのは、アルコールベースのオードパルファム、ルームフレグランスのみとのこと。今回は、アルコールベースのオードパルファムをお願いすることにした。


フレグランス名の後ろの番号は、その香りを作り上げている香料の数となっている。したがって、数字が大きいほど、複雑な香りになるそうだ。


香水を買うとき、その場でシュッと香った最初のトップノートが気に入って買っても、時間が経つとなんか違う?…なんて事がたまにある。それは、香りが時間によって変化していくからだ。

その後のミドルノート、そして最後のラストノートは、中々店舗でじっくり確認できない。
でも、私は、香水でもっとも大事なのは、自分の香りとして最終的に体に残る「ラストノート」だと思っている。だからこそ、しっかりチェックして自分の香りを選びたいものだ。

LE LABO-4
鼻が香りに慣れて分からなくなってしまったら、外に出たり、自分の肌を嗅いでみたりしてリセットしながら、フレンドリーなスタッフさんと一緒に、16種類の中から、お気に入りを探した。
私が気になったのは、”THE NOIR29″というフランス語のブラックティーが由来となった香水と、”GAIAC10″という、東京限定のフレグランス。
“THE NOIR29″は、ベルガモット、フィグ、ムスクなど、ブラックティーを含めた29種類の香料から作られた香水だ。紅茶のようなフレッシュな香りから、少し時間が経つと深みが出て、濃厚でセクシーに変化していくミステリアスな香りだ。女性はもちろん男性にも使って欲しい香りだった。


“GAIAC10″は、アルコールと香料だけで作られた水が一滴も入らない贅沢なフレグランス。
体感として7時間〜8時間程度香りが続く、濃厚なパルファムに限りなく近いオードパルファムだ。ガイアックウッドをベースに4種類のムスクとシダーとオリバナムなど10種類の香料からできている。
この香りは、”スキンパフューム”と呼ばれていて、その人の体温と、肌の上で溶け合ってほのかに香るのだそう。
お寿司屋さんにも身に纏っていける程ナチュラルでクリーンだけど、近づくとふわりと香るパーソナルな香りは、とてもエロティック。
「エレベーターで、後ろの女性から香りを聞かれたことがある!」というスタッフさんの経験にも思わず納得の、なんだかドキッとしてしまう香りだった。何度も香りを嗅いで、悩みに悩んで最終的に”GAIAC10″に決定。


さっそく調合して頂く事に!ドキドキしながら、ラボを覗く。実は、香水は作った直後から変化が始まり、1年以上経つと、少しづつ劣化していく…まるで、生き物のように繊細なものなのだ。せっかく身に纏うなら、新鮮で、上質なものがいいと思うのは私だけじゃないはず。
調合が終ったら次はラベルだ。


ラベルには、アルファベット、記号などを組み合わせ文字を入れる事ができる。日付や、年齢など、その瞬間の自分をラベリングすれば、さらに愛着が湧く。
また、プレゼントとしてメッセージを刻めば、オシャレなギフトにもなるだろう。


お茶を頂きながらホッとしている間に、フレグランスもラベルも完成!文字チェック後、ラベルを貼って箱へ…。
「LE LABO」のラベルや箱は、何処か理科室にあった薬品瓶を彷彿させるようなシンプルでオシャレなデザイン。ボトルを箱から出した後も、箱を小物入れに使う人もいるんだとか!


価格は、15ml 9720円、”GAIAC10″のみ、15ml 18000円と決して安くはないが…「下着よりもヌードなオシャレ」だと思えば、決して高くはない。

 

後日、GAIAC10をひと吹きしてみた。
「わたしのために」作られたフレグランスだと思うと、なんだか自分が特別に感じて自信が湧いた。
メイクが決まらなくても服が決まらなくても、なんだか、いつもよりちょっと自分を好きになれる気がした。いい香りなのはもちろん、「LE LABO」のフレグランスは、特別感も与えてくれた。

LE LABO-12

いかがでしたでしょうか?
「わたしのために」調合された上質なフレグランスは、ワンランク上の私を演出してくれる香りでした。
頑張った自分への”ご褒美”としても、頑張る自分への”投資”としてもオススメ。
もちろんギフトとして、大好きな人の顔を思い浮かべながら、「その人のために」作れば、
ロマンティックに、感謝の気持ちも届けてくれるだろう。
お試しあれ!

小林涼子

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ハイアット リージェンシー 東京

スタイリッシュモダンと伝統が織りなす落ち着きのある客室と、国内外からの多くのゲストを迎えてきた洗練されたおもてなしが生み出す、心地よいくつろぎの時間が待っています。

  • Twitter
  • Facebook

17年秋インスタCP

ハイクラスホテル

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 断面萌スイーツ!

    ひと切れ3,800円!究極のケーキを大解剖!「エクストラスーパーメロンショートケーキ」

    詳しく見る

  • 新宿で暇つぶし

    待ち合わせに飲み会、観光の人も。何かと利用頻度の多い新宿エリアで、空いた時間にフラっとよれる!無料で過ごせる暇つぶしスポット集めました。

    詳しく見る

  • 東京駅にある謎のポスト

    東京駅には郵便を送るのではなく路線の始まりを意味するオブジェ通称「ゼロキロポスト」があります。ほかにもトリビア満載

    詳しく見る

  • 小腹が空いたら…

    そろそろお腹がすいてきませんか?小腹を満たしてもうひと踏ん張りできる「腹持ちスイーツ」のご紹介♪

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

17年秋インスタCP

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

17年秋インスタCP