2017.03.04

猫を求めて路地裏散策♪猫の町・神楽坂の癒しスポット3選

sakiyo

猫と縁の深い町、神楽坂。夏目漱石の「吾輩は猫である」にも神楽坂の町が登場するなど、路地裏を歩けば猫に遭遇する確率も高くなる癒しスポットでもあります。そんな猫の町・神楽坂で、猫と共に癒されたい方!今回ご紹介するお店にぜひ行ってみてください♪探検気分で神楽坂の路地裏を歩いてみましょう。

 

ねこの郵便局というなまえのお店

nekonoyubinkyoku1
赤城神社を左に進んでいくと見えてくる不思議なお店。お店の前には招き猫やバス停がお出迎え。3坪のスペースはもちろん猫まみれ!ポストカードや雑貨など古今東西のネコグッズがところ狭しと並んでいます。

nekonoyubinkyoku2
店内のポストに投函すると、オーナーが切手以外の場所にかわいい肉球スタンプを押して街のポストに投函してくれるので、外国人観光客にも人気のスポットです。

 

カップス神楽坂

cups1
有田焼などの器が揃うセレクトショップ。なかでも、猫好きの店主が集めたねこの茶碗やおちょこがオススメ。いわゆるキャラものの猫とは違い、繊細でオトナっぽいタッチで描かれた美男美女の猫たちがひとつひとつの器を彩っています。

cups3
さらに「ねこ茶」というかわいいねこの緑茶ティーパックや、「三毛猫珈琲本舗のマドラー式コーヒーバッグ」といったユニークな商品も用意されています。ギフトにもふだん使い用にもできる良品がいっぱいです。

cups2

 

ふくねこ堂

fukunekodo3

神楽坂の本多横丁の近く、一軒家のたたずまいで路地裏にひっそりと佇む「キモノ・小物・ねこもの」を扱うふくねこ堂。入店すると看板猫の店長ルイ2世が気まぐれにあたなを迎え入れ、着物デビューの緊張を解き放ってくれます。

fukunekodo1

店内には50から70年代のハイセンスなビンテージ着物が並び値段もお手ごろ。オーナーの安田さんが着物の選び方から着付けまで丁寧に教えてくださいます。もちろん猫柄の帯もありますよ。

人気タグをチェック!

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

アンダーズ東京

館内は、和紙などの自然素材や和のモチーフを生かしたデザインでまとめられ、大人の寛ぎを感じる空間。上質なホテルステイが堪能できます。

  • Twitter
  • Facebook

シンボルタワー

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 表参道でテイクアウト!

    時間がない時も、小腹が空いたときも。表参道のテイクアウトフードまとめ。

    詳しく見る

  • 売切れごめん!のコッペパン

    食事系からデザートまで種類豊富!上野の「イアコッペ」。

    詳しく見る

  • パスタ1品だけのお店

    「料理はパスタ1品のみ」という究極のコンセプトが格好いいレストラン「OUT」。

    詳しく見る

  • ハマりすぎ注意!

    薬膳スパイススープ!中国で一番有名なラーメン店「馬子禄」日本初上陸!

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

2017冬スカイツリープラン

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

土日もお値段そのまま!シンプルプライス