2017.08.25

食べれば気分すっきり!? イライラも溶かすストレス発散スイーツ

上野 真依

楽しい気分にしてくれたり、落ち込んだ気持ちを軽くしてくれたり、とにかく人をハッピーにしてくれるスイーツ!「甘いものを食べて、どんどん幸せ度をアップさせていこう!」ということで、あらゆるテーマでスイーツライターchicoさんおすすめの逸品を紹介していくこの企画。

今回のテーマは「イライラも溶かすストレス発散スイーツ」。仕事で嫌なことがあったり、恋人とうまくいかなかったり……生活をしていれば「イラッ」としてしまう場面に遭遇すること少なくないですよね。そんなときは、「A.K Labo」の「ブロワイエ・ポワトヴァン」を食べて、サクッと気分転換してしまいましょう!

 

世にも珍しい拳で割るお菓子!

「A.K Labo」は吉祥寺駅から約20分ほど歩いたところにあるパティスリー。フランスで修行を積んだシェフの「有名ではない美味しいものがたくさんあることを伝えたい」という思いから、県番順に毎月1県ずつ地方菓子を出すなど、フランスの田舎菓子を多く取り扱っています。

芳醇なバターの香りが漂う店内には、美しいケーキやタルト、ブレッドなどがずらり。それらはすべて、「食べる人はどんな気持ちで食べるんだろう」と考えられながらお店で手作りされています。

▲ブロワイエ・ポワトヴァン 980円(税抜)

そんな「A.K Labo」の看板スイーツ「ブロワイエ・ポワトヴァン」はストレス発散にうってつけ! シェフの修業先、フランス・ポワトゥーで生まれたサブレのようなお菓子なのですが、なんと拳で砕いて食べるんです。もちろん、元々はストレス発散のためではないのですが、拳で割るのはれっきとした正式な食べ方。思い切り殴っていいお菓子なんて他にないですから、これは気持ちいいですね。

さっそく持ち帰り、ガツンと一発! 正直、かなり硬いです。本当に思いっきり殴らないと割れないのですが、割れた瞬間とてもすっきりした気分に。日頃の生活のなかで、全力で殴るなんてことなかなかないので、面白い体験ができます。

そしてお味はというと、バターがとっても濃厚で、地方菓子らしい気取らない美味しさ。はじめて食べる人も、きっとどこか懐かしさを感じてしまうような優しい味わいです。イライラや疲れが溜まったときに食べれば、ほっこり癒されること間違いありません。

時にみたことも聞いたこともないような珍しい地方菓子に出会うことができる「A.K Labo」。「ブロワイエ・ポワトヴァン」のように、独特の食べ方やストーリーが隠れていたり、形がユニークだったり、地方のクラシックなお菓子って実はとても面白いんです! ぜひ、いままで知らなかったスイーツに出会いにでかけてみてはいかがでしょうか? ちなみに、お店の奥にはカフェスペースもありますよ!

 

監修/chico

スイーツライター&コーディネーター。anan、Hanakoなど 女性誌を中心に執筆、「東京の本当においしいスイーツ 探し」シリーズ(ギャップ・ジャパン刊)監修。「東京最高の パティスリー」(ぴあ刊)にも著者として参加。

人気タグをチェック!

LINE@はじめました

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

コンラッド東京

都内最大級のスパ&フィットネスを完備。モダンフレンチ、中国料理、日本料理など一流シェフによるレストランも充実しています。
  • Twitter
  • Facebook
TOKYO DAY OUT
  • 泊まれる本屋の最新版

    “泊まれる本屋”がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO」が、カフェ移設で新宿にオープン。

    詳しく見る

  • 表参道で深夜メシ!

    蕎麦 VS お好み焼き どっちにする?

    詳しく見る

  • 表参道は巨大な池だった!?

    知られざる表参道の歴史をひも解く連載スタート。

    詳しく見る

  • 触れて感じる、アート展

    「ふれる」をテーマに最先端デザインの驚きとおもしろみに出会う!「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」。

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

2018冬メトロプラン

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

シンボルタワー