2017.09.06

「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

河島まりあ

 

連日、国内外から多くの人が訪れる文具専門店「カキモリ」。表紙や中紙、留め具などを自分で選び作れる、オーダーノートが人気です。2010年11月のオープンから7年目に突入しようとしている今日では、すっかり有名なお店になりましたが、どういった経緯や思いで「カキモリ」は誕生したのでしょうか? 代表の広瀬琢磨さんにお話を伺いました。

 

 

――広瀬さんがカキモリを始めたきっかけを教えてください。

 

実は私の実家は、群馬県で文房具店をやっています。あるとき経営が悪い状況になってきたのですが、そのとき自分は別の仕事をしていたんです。でも、祖父の代から続いてきた会社をなくしたくないと考え、あえて「勝負しよう」とカキモリをオープンしました。自分はカキモリに集中していますが、地元の母体は、また別の仕事をしていた兄が群馬で頑張ってくれています。だから、もともとこういったお店をやりたいと思っていたわけではないんですよ。

 

――小さな頃から文房具は身近な存在だったんですね。

 

父がよくサンプルのペンやノートを持って帰ってきてくれていたので、文房具には囲まれていましたね。でも、ほとんど最後まで使い切れたことがなかったんです。今は大量消費時代から、良いものを長く使う時代に変わってきていると感じています。だから、自分で作ったからこそ愛着が持てるオーダーノートにこだわり、メインの商品としているんですよ。ちなみに私も、自分で選んだオーダーノートを使っていますが、これにしてからは中紙を使い切れるようになりました。

 

 

――カキモリでは文房具の中でも“書く”ことに特化していますが、その理由は?

 

カキモリをオープンした当時は、アナログからデジタルに移行する真っ只中でした。このまま放っておくと“手で紙に書く”という行為がなくなるんじゃないか、と思ったんです。でも、手で紙に書くとその時の空気感を閉じ込められる…。例えば、それが10年前のことでも書いたものを見ると一瞬でその時に戻れると思いませんか? そんな行為をなくしたくない、というのが理由ですね。

 

 

――去年の10月にリニューアルしたとのことですが、どこが変わりましたか?

 

鉛筆のコーナーを増やしました。お客さまの7割は女性なのですが、リピーターで多いのは男性。そのため、男性目線でグッとくるものとして思いついたのが鉛筆でした。手触りや書いた時の感触など、何か感じるものがあると思うんです。それに、今あまり使わないものだからこそ使っていた時のことを思い出すことがあるのではないかと。ラインナップは、日本やドイツ、スイスなどの有名な文具メーカーの良い商品を取り揃えています。

 

ちなみに、年内にすぐ近くの場所へ移転する予定。現店舗は新しいコンセプトでリニューアルしたいと考えています。

 

 

――ますます進化するカキモリですが、今後の展望を教えてください。

 

10月には故郷である高崎で新店舗をオープンします。実は群馬は、万年筆やボールペンの金属軸を作る工場が多数ある、文房具の生産地なんですよ。今後はそんな地元の企業や職人とコラボしたものも作っていきたい。家業が発祥した群馬県高崎で書くきっかけを作り、また地元を盛り上げることができたらなと思っています。

 

 

お店のリニューアルや新店舗の出店によって、オーダーノートや姉妹店「inkstand by kakimori」のインクだけでなく、新しい書くきっかけが生まれそうな予感。そんなワクワクする気持ちをノートに書いて、これからのカキモリにも期待したいですね。

 

Photo:澤田聖司

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

浅草ビューホテル

今年30周年を迎える「浅草ビューホテル」は、2015年に全326室をリニューアル!スカイツリーが見えるお部屋に泊まって、思う存分浅草を楽しんで。

  • Twitter
  • Facebook

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

ハイクラスホテル

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 表参道でテイクアウト!

    時間がない時も、小腹が空いたときも。表参道のテイクアウトフードまとめ。

    詳しく見る

  • 売切れごめん!のコッペパン

    食事系からデザートまで種類豊富!上野の「イアコッペ」。

    詳しく見る

  • パスタ1品だけのお店

    「料理はパスタ1品のみ」という究極のコンセプトが格好いいレストラン「OUT」。

    詳しく見る

  • ハマりすぎ注意!

    薬膳スパイススープ!中国で一番有名なラーメン店「馬子禄」日本初上陸!

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

ハイクラスホテル

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

17年秋インスタCP