2017.10.09

【新宿】終電を逃したくなる!? 深夜の時間を味わうスポット5選

河島まりあ

乗降客数が日本一多いJR新宿駅をはじめ、さまざまな路線が通る新宿は友だちとのディナーや仕事の飲み会でよく利用するという人も多いのでは? そして、楽しい夜を過ごしているうちに、終電を逃してしまうことも。でも新宿なら、24時以降も利用できるお店がたくさん。今回はその中でも、ただ時間を潰すだけではもったいない、楽しく過ごせるスポットを紹介します。

 

駅直結だから利用しやすい

「新宿 NEWoMan」のフードホール

2016年にオープンし、日本初上陸やニューオープンのお店が多く話題となった「新宿NEWoMan」。ファッションやライフスタイルのショップ、駅ナカなどの店舗は22時までの営業ですが、フードホールは朝7時から翌4時まで利用できるんです。

こちらにあるのは新宿初出店の5店舗で、最終入店が26時までの「SUSHI TOKYO TEN、」以外は朝までOK。パンやデリが豊富な「Bakery & Restaurant SAWAMURA」はカウンターでのちょい飲みも可能で、欧風料理でワインのがっつり飲みにもぴったり。「tavern on S <és>」は、素材を大切にしたニューアメリカンダイニング。フードホール内で最大の空間も自慢です。シンガポールから上陸した「Oyster Bar wharf」は、日本各地から取り寄せた牡蠣がタイガービールが生で飲めるのが魅力。モーニングのおかゆも人気なんですよ。まだまだ食べたりない、という人には「SALON BUTCHER & BEER」がおすすめ。ミシュランで6年連続星を獲得している南青山のフレンチ「ローブリュー」の櫻井慎一郎シェフがレシピ監修した本格肉料理と、クラフトビールがいただけます。

 

*NEWoMan*
【住所】東京都新宿区新宿3-38-1 JR新宿駅
【電話番号】03-3352-1120(代表11:00~22:00)
【営業時間】
1〜4F、7F 11:00〜22:00
2F エキナカ、エキソト 8:00〜22:00
2F フードホール 7:00〜28:00
※一部営業時間の異なる店舗あり
【定休日】無休

 

食べ放題のつきだしが名物!

コスパの高い韓国料理店「新宿 モンシリ」

歌舞伎町ゴールデン街の直ぐ近く、焼肉と韓国料理のお店「新宿モンシリ」は24時以降も入店可能。大衆居酒屋のような肩肘はらずに過ごせる素朴なお店で、なんと言ってもリーズナブルでおいしいのが魅力です。

コストパフォーマンスが良いと評判の理由は、食べ放題のつきだし。白菜キムチやカクテキ、炒め物など約5種がお代わり自由で、これだけでも十分なほどのボリュームなんです。もちろん、焼肉やチヂミ、プルコギなどの定番韓国料理も美味。豚の背骨を使ったスープにジャガイモを入れた鍋料理、カムジャタンも名物です。

 

*モンシリ*
【住所】東京都新宿区歌舞伎町1-1-5 ドゥ・ベルフィーユ1階
【電話番号】03-5155-7598
【営業時間】15:00〜26:00
【定休日】無休

 

レトロな「新宿バッティングセンター」で

朝までスカッとストレス発散

接待や上司の愚痴に付き合わされた飲み会、散々な合コンetc.…。テンションが下がったりストレスがたまったりした夜は、バッティングセンターで汗を流して発散するのはいかが? 新宿駅より10分ほど、区役所通りにある「新宿バッティングセンター」なら、朝の4時までそれが可能。

なんと30年以上も前から営業を続けており、昔から300円で28球打ててリーズナブル。また、友だちや同僚と一緒に行くなら、3000円で12ゲームプレイできる回数券がお得です。バッティング以外にもゲーム機が設置されているので、疲れたらこちらで小休止するのも良いかも。無心でバットを振っていれば、「カキーン!」とホームランが出なくても気分がすっきりするはず。

 

*新宿バッティングセンター*
【住所】東京都新宿区歌舞伎町2-21-13
【電話番号】03-3200-2478
【営業時間】10:00〜28:00
【定休日】無休

 

新宿二丁目の「ALAMAS CAFÉ」なら

イベントから本格フードまで楽しめる

タイ語でダイヤモンドの意味を持つ「ALAMAS(アラマス)CAFÉ」は、新宿二丁目のメインストリート・中通り沿いにあるリゾート風のオープンカフェ。

ドリンクはもちろんのこと、夜中でも旬の食材を使った手作りのカフェごはんがいただけます。季節のメニューもありますが、人気なのは定番メニューのグリーンカレーとニコニコALAMASカレー。また、自家製のピクルスや秘伝のスパイスに漬け込んだ唐揚げなどのおつまみ、焼きたてワッフルにアイスを添えたデザートなどもあります。無線LANが無料で利用できるのも、朝まで過ごす時にうれしいですよね。週末は、DJライブやトークイベントなども開催。ただし、場所柄LGBTの方も多いお店なので、SNSなどに写真を投稿する際には、他のお客さんの写り込みに注意して。

 

*ALAMAS CAFE *
【住所】東京都新宿区新宿2-12-1ガーネットビル1F
【電話番号】03-6914-9215
【営業時間】18:00〜26:00、金曜・土曜18:00〜29:00、日曜15:00〜24:00
【定休日】月曜日(祝日の際は翌火曜日)

 

新宿に温泉!? 休憩スペースもある

「テルマー湯」でさっぱり&ゆったりしよう

終電を逃してしまった時「銭湯があれば始発で帰って寝るだけなのに…」と、思ったことがありませんか? 2015年8月に歌舞伎町の真ん中にオープンした都内最大級の日帰り温泉「テルマー湯」は、お風呂に入れるだけでなく、岩盤浴で汗をながしたり、レストランで食事をしたり、バーでお酒を飲むこともできるんです。

こちらのお湯は、中伊豆温泉より毎日運搬されている天然温泉。高濃度炭酸泉や露天風呂、サウナなども完備しているため、温泉好きでも満足できるはず。入館料には館内着やタオルのレンタルが含まれているので、もちろん手ぶらで行けます。入浴後くつろげるラウンジは男女兼用と女性用のスペースがあるので、女性一人で利用する時も安心。リクライニングシートに個別でテレビが取り付けられていたり、自由に閲覧できる雑誌や新聞などがあるので、飽きることなく朝までいられます。

 

*テルマー湯*
【住所】東京都新宿区歌舞伎町1-1-2
【電話番号】03-5285-1726
【営業時間】11:00〜翌9:00
【定休日】無休(設備点検・整備などにより休館の場合あり)

 

 

いかがでしたか? 飲み会だけでなく、残業で新宿までしか辿り着けなかった時にも利用できるので、覚えておくととっても便利。わざわざ行きたくなる魅力的なお店ばかりだから、終電を逃してしまうのが楽しみになるかも!?

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ハイアット リージェンシー 東京

スタイリッシュモダンと伝統が織りなす落ち着きのある客室と、国内外からの多くのゲストを迎えてきた洗練されたおもてなしが生み出す、心地よいくつろぎの時間が待っています。

  • Twitter
  • Facebook
TOKYO DAY OUT
  • 表参道は巨大な池だった!?

    知られざる表参道の歴史をひも解く連載スタート。

    詳しく見る

  • 触れて感じる、アート展

    「ふれる」をテーマに最先端デザインの驚きとおもしろみに出会う!「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」。

    詳しく見る

  • 水槽の中に森!?

    ネイチャーアクアリウムをテーマにした日本で初めての大規模展覧会が東京ドームシティで開催!

    詳しく見る

  • 料理人SNSで話題のお店

    料理人やその仲間たちのSNSで頻繁にでてくる謎のシナソバ屋に行ってきました。

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

旅行会社のスタッフに聞いた、今人気の東京ホテルとは?(170913~)

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

土日もお値段そのまま!シンプルプライス