2017.10.18

[PR] 緑のうちからチェックしておきたい!東京の紅葉スポット

TOKYO DAY OUT 編集部

ふとした時に秋風を感じるようになり、まもなく紅葉が楽しみになる季節がやってきます。

今回は、月刊「旅する大人のソニー」とのコラボレーション企画。「旅する大人のソニー」で、「赤の京都」というテーマで美しい紅葉を撮っていただいたカメラマン井川拓也氏に、秋のお出かけにピッタリなソニーのコンパクトデジタルカメラRX100 Vの使い方をレクチャーいただき、TOKYO DAY OUT編集部が「緑の東京」を撮影してみました!紅葉シーズン本番にむけて、紅葉時はもちろん、葉が緑のうちでもフォトジェニックな、チェックしておきたい東京の紅葉スポットを、実際に撮影した写真とともにご紹介します。

 

六義園

都内屈指の人気紅葉スポットのひとつ、六義園(りくぎえん)は、造園当時から、小石川後楽園とともに、江戸の二大庭園とされてきました。1695年から、7年もの歳月をかけてつくり上げられた「回遊式築山泉水庭園」は、圧巻の美しさを誇る日本庭園です。

紅葉の時期は、園内のいたるところで木々が美しく色づき、11月18日からは、「紅葉と大名庭園のライトアップ」が始まります!12月6日までのライトアップ期間中は、通常は16:30最終入園17時までのところ、20:30最終入園21時まで開園時間が延長されるというから、そちらも要チェック!

おススメの紅葉ビューポイントは、「渡月橋」付近。今も緑がきれいですが、このあたり一帯は秋になると美しく色づき、水面に映るもみじはこの上なく風流で、江戸の大名も同じ景色を見ていたのかと思うと、とっても感慨深いものです。

 

*六義園(りくぎえん)*
【所在地】東京都文京区本駒込6丁目
【開園時間】9:00~17:00 ※16:30最終入園
(※ライトアップ期間中は20:30最終入園、21時まで。)
【休園日】年末年始(12月29日~翌年1月1日まで)
【入園料】一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下及び都内在住在学の中学生は無料/20名以上の団体:一般240円、65歳以上120円 ※無料公開日:みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
【電話】03-3941-2222(六義園サービスセンター)
【アクセス】JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」駅より徒歩7分、都営地下鉄三田線「千石」駅より徒歩10分

 

金剛寺(もみじ寺)

「もみじ寺」の愛称で親しまれる、その名の通り美しい紅葉でいっぱいになる「金剛寺」は真言宗豊山派の寺院です。この付近一帯は、江戸の8代将軍徳川吉宗の命により、カエデが植樹され、昔から紅葉の名所として親しまれています。金剛寺へと続く道にもズラリ!今これだけ緑が美しいので、これらが全部紅葉すると圧巻の美しさであることが想像できます。

そして、「紅葉橋」の交差点から、金剛寺へと向かう石神井川に架かる橋も、「もみじ橋」という名前。こちらは歌川広重が「各所江戸百景」の中で「王子滝の川」として描いた場所でもあるそう。

「もみじ橋」だけでなく、このあたりには、「もみじ公園」や「紅葉小学校」など、紅葉と名のつく場所がたくさん。美しく色づく季節に、是非行ってみたい場所です。

 

*金剛寺(もみじ寺)*
【所在地】東京都北区滝野川3-38-17
【電話】03-3910-3170
【開門時間】9:00~17:00
【アクセス】JR京浜東北線、東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩10分

 

日比谷公園

野外音楽堂で行われるライブや、様々なイベントが行われていることでも知られる日比谷公園は、まさに東京のど真ん中にある、都会のオアシス。日本初の「洋風近代式公園」でもあります。

美しい緑に囲まれて様々な見どころがある広い園内は、紅葉の季節ならずとも、散歩をするだけで癒されますが、美しく色づく紅葉が見られるスポットといえばやっぱり「雲形池」周辺。都市公園等の噴水としては、日本で三番目に古いとされる「鶴の噴水」がある池です。イチョウは黄色に、もみじは赤色に色づき、紅葉の時期は見応え抜群の美しさを誇ります。

 

*日比谷公園*
【所在地】東京都千代田区日比谷公園
【開園日】常時開園 ※サービスセンター及び各施設は年末年始休業
【入園料】無料 ※一部有料施設あり
【電話】03-3501-6428(日比谷公園サービスセンター)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」駅、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「日比谷」駅徒歩すぐ、JR「有楽町」駅徒歩8分

 

さて、今回こちらの記事でご紹介した写真は、すべてソニーのコンパクトデジタルカメラRX100 Vで撮影したものです。ちょっとしたテクニックで、緑をより美しく撮影することができます。オートモードで撮影しても、もちろん綺麗に撮影できますが、AUTOではなくてPに合わせ、vividからクリエイティブスタイルを選び「新緑モード」で撮影すると、より緑を鮮やかに美しく撮ることができます。

 

下記は、同じアングルで「オートモード」と「新緑モード」で撮り比べてみたものです。

ちょっとした工夫で、緑色の美しさが違うのが、一目瞭然ですね!緑色は、曇りの日に撮影すると葉が重く見えてしまうので、なるべく晴れた日にカメラを上向きにして撮影すると良いでしょう。また、「彩度」をプラスにしたり、逆光の時は「露出補正」をプラスにしたりするのもおススメです。

ちなみに、紅葉の赤を美しく撮影するコツは月刊「旅する大人のソニー」にて公開しているので、そちらも是非チェックしてみてください。今年の紅葉は、ちょっとしたカメラテクニックで見たままの美しさを思い出に残しておきたいものですね!

 

読者アンケート実施中!
みなさんの声を聞かせてください。
この記事を読んで、
「写真やカメラ(ソニー)」に興味を持ちましたか?

はい


いいえ

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ザ・ペニンシュラ東京

シティサイドビューの客室からは丸の内オフィス街や銀座方面の都会的な景色、パークサイドビューの客室からは皇居外苑や日比谷公園などの豊かな緑を楽しめます。

  • Twitter
  • Facebook

ハイクラスホテル

旅行会社のスタッフに聞いた、今人気の東京ホテルとは?(170913~)

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

2017冬スカイツリープラン