2017.11.14

大人もハマる!美しくも切ない壮大な世界観に圧倒される【新海誠展】開催中

森田文菜

アニメーション映画監督・新海誠さんのデビュー15周年を記念して、国立新美術館開館10周年『新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで』が六本木の国立新美術館で開催されています。

遅ればせながら、最近「君の名は。」をみて、まんまと新海誠ワールドにハマり、すでに4回鑑賞した私。

大人も深く感動し、ハマるという新海誠さんの世界を体感しに、早速展覧会に伺ってきました!

 

新海誠作品を深く紐解く盛りだくさんの展示

新海監督は02年に短編アニメーション「ほしのこえ」で商業デビュー。以来 “美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を完 成度の高い作品に結晶させ、世代や国境を越えて多くの人々をひきつけています。

国立の美術館において、現役アニメーション映画監督の名を冠した展覧会が開かれるのは初めてのこと。15年の歩みを、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などの展示を通じて紹介。

また、東京会場では全国巡回中の他会場よりも広い2000平米の展示空間にあわせて、初公開を含む展示総数約1000点が出品されています。

さらに、専門家を招いてのキュレトリアルチームを編成し、「キーワードで読み解く作品世界」「新海誠と時代背景」「映像制作の舞台裏」「世界に広がる新海誠作品」など、新海誠のアニメーションをより深くひも解く内容が盛りだくさんとなっています。

 

美しいアニメーションを引き立てるような白の世界

 

展示会場に一歩足を踏み入れるとそこは白の世界。新海作品の写真のように美しい作品たちを引き立てるような空間に息を飲みます。

展示に先駆けて行われた、新海誠監督と神木隆之介さんの記者発表会でも、新海作品の大ファンという神木さんが、「真っ白い壁に展示があり、またその配置がとても絶妙で、ずっといたいと思える空間」と語っていた通りの光景が広がっていました。

映画の世界観を表現する映像も白い壁に映し出されていて、切なさを煽ります。

高い天井も圧巻。見上げても作品が展示されており、どこを見ても新海ワールドを堪能できるような、まるでアニメの世界に入ってしまったかのような錯覚を覚えます。

 

作品中の印象的な言葉の展示に切なさが溢れる

新海作品の、劇中に効果的に使われている詩のような印象的なセリフ。それがそのまま言葉の展示になり、いたるところに登場します。

グッと心を掴まれる、切ない言葉。その言葉に関連した映像により、より深く感情を揺すぶられます。

 

展示をより深く味わえるコンテンツも

さらに深く新海誠ワールドを堪能したい、また今まで映画を見たことがないという人にオススメなのが、神木隆之介さんによる音声ガイド。

各作品ごとに概要や、神木さんのオススメポイント、見どころなどを聴きながら展示を回ることができます。

途中でちょっとしたクイズもあり!ガイドのBGMは各映画に欠かすことのできない、象徴的な音楽になっており、展示とともに聴くとより深くその世界に浸かれること間違いなしです。(音声ガイドは有料になっています。)

さらにフォトスポットもあり!映画の世界に自分がタイムスリップしたかのような写真が撮れるコーナーが。

「君の名は。」のあのワンシーンを再現できる、ファンにはたまらない場所も。

今回私は新海作品を1作品しか見たことがありませんでしたが、十二分に楽しめ、さらにこれから他の作品も観て見たいと強く感じました。

純粋な気持ち、都会の儚さや恋心など、大人が忘れがちなことを気づかせてくれる、そんな魅力が新海作品にはあり、それが大人もハマるアニメの所以なのではないかなと思います。

ただのアニメ作品の展示ではない、心をグッと掴まれるような深い感動を得られる新海誠展、心の底からオススメします。

 

 

 

人気タグをチェック!

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

グランド ハイアット 東京

カルチャー、ファッションなど最新の情報が集まる「六本木ヒルズ」にあり、施設も充実。青山、赤坂、虎ノ門にも近く、東京遊びの拠点におすすめ!

  • Twitter
  • Facebook

シンボルタワー

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

TOKYO DAY OUT
  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • 天空の大人空間

    アンダーズ東京52階のルーフトップバーは、誰でも気軽に足を運べる粋な大人空間

    詳しく見る

  • 話題の文具店カキモリ

    「家業をなくしたくない…」から始まった。ユニーク文具店の”書くこと”への想い

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

2017冬スカイツリープラン

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

17年秋インスタCP