2017.12.09

表参道に“物干し竿”? 高級ブランドが並ぶ「表参道ヒルズ」20年前の意外な姿

周東淑子(やじろべえ)

世界最先端のファッションやアートを発信し続ける「表参道ヒルズ」の一角に、古めかしいたたずまいの建物があるのをご存知でしょうか?

実は20年ほど前まで、この辺りにはこうしたツタが絡まる古い建物が数多く立ち並んでいたんです。表参道周辺の地域情報サイト「おもてサンド」(※現在、ウェブ版は更新終了。SNSへ移行)のディレクター・まあやさんとライターの重久直子さんと一緒に、その歴史を辿ってみました。

 

表参道ヒルズの敷地には、“復興住宅”が広がっていた!

重久さん(以下、重久)「今の表参道ヒルズがある辺りは、10数年前まで鉄筋コンクリートのアパートがずらっと並んでいたんです。正式名称を『同潤会青山アパート』といって、関東大震災(1923年9月1日)の復興計画の一環で建てられた、頑丈な鉄筋コンクリート造りのアパートでした」

 

アパートを建設したのは、関東大震災の義捐金をもとに、当時の総務省が設立した財団法人「同潤会」。同会によるアパートは、表参道のほかにも代官山や上野など都内16カ所、震災被害の大きかった横浜にもあったといいます。

▲昭和38〜40(1968〜70)年頃の表参道越しの青山アパート。表参道の通りも思いのほかシンプルだ

青山アパートは、3階建ての建物が10棟ほど並ぶ集合住宅で、当時としては珍しくガスや電気、水洗トイレが整備されていたのだとか。耐火性にもすぐれ、1945年5月にあった山の手大空襲でも焼け残ったそうです。

▲昭和60(1985)年頃の様子。寄って見ると、ますます本気の住宅。今の姿と比較すると表参道とは思えない

まあやさん(以下、まあや)「平成に入っても、建物は残っていました。私もよく青山アパートの横を通っていましたが、ツタや木がうっそうと茂っている建物でちょっと入りづらかった印象があります」

 

重久「昔は古着を売る知る人ぞ知るブティックやギャラリーなんかも入っていました。でも今の表参道ヒルズのような観光名所というイメージではなかったですね」

 

細部には以前の面影も…名建築家が手がけた新生「同潤館」

青山アパートは地元の“顔”として親しまれてきたそうです。しかし、施設の老朽化のため2003年に解体されてしまいました。跡地に今の表参道ヒルズができたのは、その3年後、2006年のこと。

 

重久「新しい建物をつくるにあたって、地域の人からは、表参道の景観や格式を大切にしてほしいという声がありました。そこで設計は、歴史的建築の改修なども手掛けてきた安藤忠雄氏に依頼しています」

 

安藤氏は「(青山)アパートのつくり出す風景が、人々の心の風景となっている」と考え、その風景を残すために「表参道ヒルズ」にさまざまな工夫を施したといいます。

 

まあや「たとえば『地下6階、地上6階建て』という構造は、ケヤキ並木より建物が高くならないための工夫。ちなみに商業施設というイメージが強いですが、今も上層階には住居が設けられているそうです。そして、冒頭で紹介した古びた建物は青山アパートを再現した『同潤館』。建物自体は新しく建てられたのですが、ところどころに青山アパートの面影を残しています」

よくよく見てみると、確かに建物の外壁はまだ新しいみたい(といっても、すでに12年近くが経過しているのですが…)。一方、壁を囲む石垣は苔むしており、歴史を感じます。

 

表参道ヒルズ・広報の梅木さんによると、「同潤館」の中にも、青山アパートの“歴史”を感じられる場所があるといいます。まずは、入口を入ってすぐの階段手すりのこの柱。青山アパート時代の建具をそのまま使っているそうです。

20世紀の建築の階段には、このように木彫りの装飾を施した “親柱”を建てるのが定番だったとか。

また、3階部分にかけられた非常用のはしごも、青山アパートから受け継いだもの。

さらに、部屋のベランダ部分の天井に取り付けられているこの“くるくる”も青山アパートの遺産。何だかわかりますか?

 

実はこれ、天皇陛下が明治神宮に参拝される際や祝日などに、国旗を掲げるための“留め具”だそう。こうした建具があるのは、表参道に面した建物ならではかもしれません。

この“くるくる”の横には、物干し竿掛けと思わしきディティールも! 今では考えられませんが、青山アパート時代は、多くの家族がここで暮らし、「洗濯物を干す」という日常的な風景が見られたのでしょうね。

 

今まで「オシャレすぎて入りにくいかも…」と思っていた表参道ヒルズですが、昔の人々の生活を垣間見たら、ちょっとだけ親しみがわきました。

 

 

【取材協力】

おもてサンド

おもてサンド Facebook

 

【参考資料】

・大嶋信道「モダンあり、クラシックあり、装飾のディテール集成。」『東京人』157号(都市出版、2000年)

・表参道ヒルズウェブサイト「建築デザイン」

http://www.omotesandohills.com/information/about/architect.html

 

 

撮影=澤田聖司

 

人気タグをチェック!

LINE@はじめました

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ザ・プリンス パークタワー東京

都心とは思えないほどの緑に、圧巻の東京タワービュー。施設内には都内ではめずらしい天然温泉を備えたスパもあり、思う存分くつろげます。
  • Twitter
  • Facebook
TOKYO DAY OUT
  • LINE@はじめました!

    WEBマガジンの情報を、ダイジェストでお届けしています!

    詳しく見る

  • 表参道で深夜メシ!

    蕎麦 VS お好み焼き どっちにする?

    詳しく見る

  • 表参道は巨大な池だった!?

    知られざる表参道の歴史をひも解く連載スタート。

    詳しく見る

  • 触れて感じる、アート展

    「ふれる」をテーマに最先端デザインの驚きとおもしろみに出会う!「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」。

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

ハイクラスホテル