2017.12.19

【予約困難】庄司夏子さんが手掛ける、美しさを極めた「été」のお料理

ミトミえもん

「美味しい」という字の中には「美」があります。最近はインスタ映えなんて言葉が流行語になりましたが、昔から美味しさの中には「美」があったんですよね。今回はそんな「美」を極めた料理を提供してくれるレストラン『été』をご紹介させていただきます。

『été』の料理の美しさ筆頭は、スペシャリテである「フルール・ド・エテ」。黄色い薔薇のかたちに作られた花びらはマンゴーでできています。このマンゴータルトの美しさは息を飲むほど!季節によって産地を変えることで、一年中マンゴーを楽しめるように工夫をしています。今回提供してもらったのは北海道産の「白銀の太陽」。砂糖などに頼ることなくフルーツそのものが持つ糖度で勝負します。甘いのが苦手な人でもこの甘さを嫌いな人はいないでしょう。

ここの美しさはマンゴータルトだけのものではありません。例えばこの料理。トロトロに火入れした白子、カリフラワーのサラダ、同ソース、そして白トリュフを上からかけます。冬を描いたような白で統一された料理は美しさと美味しさを同居させます。


「甘鯛の鱗焼き」は、蕪のコンソメと水だけでとったスープに浮かびます。器も含めて1つの絵画のようなデザインに仕上がっています。本来脂の強い甘鯛も蕪の優しい出汁を吸収することでスッキリした味わいを実現しています。さらに鱗のカリッとした食感もいいアクセントになりますね。

メインで提供してくれたのは低温調理の「ホロホロ鳥」。胸肉と腿肉の食べ比べで提供してくれる。前者は、卵の黄身とバターに黒トリュフのソース。後者は、コンソメのスープにいたしていただきます。フレンチはソースが命といいますが、「ホロホロ鳥」に命が吹き込まれていくようです。

 

いかがでしょうか?最後に美しい料理を提供してくれるシェフのご紹介。シェフの名前は庄司夏子シェフ。人気フレンチの「フロリレージュ」でスーシェフまでつとめた女性シェフです。提供する料理も美しいが、シェフその人も美しいというおまけつき。1日4席限定、しかも不定期に住所や電話番号が非公開というプライベートレストラン。たどり着いた際には、ぜひ美しい料理と美しいシェフにご注目ください。

 

人気タグをチェック!

LINE@はじめました

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ザ・キャピトルホテル 東急

「都心の喧騒を忘れる上質な時間、四季の移ろう和らぎのホテル」をテーマにした和の空間と、丁寧なおもてなしが魅力。客室の窓からは国会議事堂など、東京らしいパノラマビューが広がり、旅の思い出に華を添えてくれます。
  • Twitter
  • Facebook
TOKYO DAY OUT
  • LINE@はじめました!

    WEBマガジンの情報を、ダイジェストでお届けしています!

    詳しく見る

  • 表参道で深夜メシ!

    蕎麦 VS お好み焼き どっちにする?

    詳しく見る

  • 表参道は巨大な池だった!?

    知られざる表参道の歴史をひも解く連載スタート。

    詳しく見る

  • 触れて感じる、アート展

    「ふれる」をテーマに最先端デザインの驚きとおもしろみに出会う!「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」。

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

2018冬メトロプラン

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

シンボルタワー