2018.01.04

今年は日比谷と渋谷に注目!2018年ニューオープン施設7選

しまざき あきみつ

東京の進化はとどまることを知りません。

昨年もGINZA SIXや渋谷CASTなど、様々な業態の複合施設がオープンしましたが、2018年もおでかけスポットの定番となりそうな大型施設のオープンが目白押し。特に注目は日比谷と渋谷。週末やアフター7のおでかけがもっと楽しくする注目の7施設をご紹介します。

 

2017年ニューオープンした施設まとめはこちら

もうひとつのミッドタウンが日比谷に登場!
東京ミッドタウン日比谷3月18日ニューオープン

1.東京ミッドタウン日比谷

日比谷と言えば、帝国ホテルに日比谷公園、東京宝塚劇場など、古くから国際色豊かな社交場としても芸術文化の発信拠点としても重要なエリアとして発展してきました。その由緒ある場所に今年、’2つめのミッドタウン’が誕生します。

「東京ミッドタウン」とは、三井不動産がプロデュースする「ミクストユース型(複合用途型)街づくり」のブランド名で、2007年に六本木に誕生しましたが、そのコンセプトを引き継ぎながら「国際ビジネス・芸術文化」の要素を加えた2つめの東京ミッドタウンが日比谷に誕生するのです。

地上35階、地下4階からなるビルのうち、地下1階から地上7階までの商業フロアには、日本初出店のお店や新業態の店舗などの注目店や、11スクリーンからなる映画館「TOHOシネマズ日比谷」がオープンします。

地下のフードエリアでは、博多で大盛況となっているあの「住吉酒販」が東京初出店、レストランではニューヨークで「街の小食堂」として人気のレストラン「Buvette(ブヴェット)」やパリで今、最も注目されている日本人シェフの中山豊光氏が手がける「TOYO」などが日本初上陸します。さらにファッションでもファッションデザイナー本間正章氏の「MASTERMIND TOKYO」の世界初のフラッグシップストアが誕生します。

日比谷らしい国際色豊かで上質なブランドがあつまる第2のミッドタウンは、近隣のオフィスワーカーのアフター7を充実させるだけでなく週末のおでかけスポットとして全国から人が集まってくること間違いありません!

東京ミッドタウン日比谷公式サイト

*関連記事*
NYで大人気の“街の小さな食堂”「Buvette(ブヴェット)」が日本初上陸!

 

 

人気タグをチェック!

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

ザ・ペニンシュラ東京

シティサイドビューの客室からは丸の内オフィス街や銀座方面の都会的な景色、パークサイドビューの客室からは皇居外苑や日比谷公園などの豊かな緑を楽しめます。

  • Twitter
  • Facebook
TOKYO DAY OUT
  • 表参道に屋台村!?

    個性豊かなフードカートが並ぶ、コミュニティスポット「COMMUNE 2nd」。

    詳しく見る

  • 2017イルミネーション!

    ここに行けば間違いない、東京の定番イルミネーション5選。

    詳しく見る

  • 自転車で、下町をめぐる

    浅草発! ガイドブックとはひと味違う観光体験を、劇団EXILEの八木将康さんと。

    詳しく見る

  • 餃子×お酒のマリアージュ

    ワインにシャンパン、クラフトビール。あなたなら何を合わせる?

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

シンボルタワー

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

シンボルタワー