2018.07.05

とんでもないハードルを越えて日本にやってきた「極上チーズケーキ」

TOKYO DAY OUT 編集部

スペイン・バスク地方に位置する世界有数の美食の街「サンセバスチャン」。

その地から、この度日本に初上陸してきた注目グルメ。

 

それが、こちら。

チーズケーキ」です。

 

2018年7月5日(木)、日本初上陸の「バスクチーズケーキ専門店」が白金にオープンしました。

スペインと言えば「パエリア」とか「オムレツ」といったイメージしかなかった……という方も多いのでは? さてさて、どんなお味なのでしょう。

こんがりと焼きあげられたチーズケーキは、その見た目とは裏腹に、中はしっとりとしていて濃厚。香ばしさと、とろりとした食感との絶妙なバランスが、シンプルでありながら他にはない味わいを生み出しています。

 

そのチーズケーキを求めて、世界中から人が集まるほど

これほどのチーズケーキを生み出したのは、いったいどんなお店なのでしょう。

それは、サンセバスチャンのバルが立ち並ぶ旧市街地の「LA VINA(ラ・ヴィーニャ)」という有名なバルでした。

世界中から客が訪れるほどの、人気ぶり。名物のピンチョスやオムレツはもちろんですが、この「チーズケーキ」を求めて訪れるという方も多数いるそう。

 

 

世界中のパティシエを虜にするレシピ

こちらのお店は、創業1958年から代々家族経営。その厨房へ入ることが許されているのは、家族・親類のみ。チーズケーキのレシピも、流出することなく守られてきたのでした。

そんな中、その厨房に世界で初めて足を踏み入れたのは、日本のパティシエ―ルだったのです!

 

フランスでの修行経験もあった彼女も、このチーズケーキに深く惚れ込んだうちのひとり。その味を学びたいと何度も働きかけたそうですが、なかなか実りませんでした。

 

しかし、諦めずに根気強く働きかけた結果、ついに想いが届きます。厨房に入ることを許され、さらにはレシピまでも譲り受けることができたのだとか。

そしてこの度、現地で味わった感動をたくさんの方に届けたいという想いで白金にオープンしたのが「GAZTA(ガスタ)」。ガスタとは、バスク語で「チーズ」の意味だそう。

テイクアウト専門店なので、ホームパーティや大切な方への手土産に、いかがでしょう。

 

お店のなりたちを話せば、お土産話も盛り上がりそうです。

 

人気タグをチェック!

LINE@はじめました

関連記事

[PR]ホテルと新幹線のお得なセット

1泊2名様1室おとなおひとり様の場合

コンラッド東京

都内最大級のスパ&フィットネスを完備。モダンフレンチ、中国料理、日本料理など一流シェフによるレストランも充実しています。
  • Twitter
  • Facebook
TOKYO DAY OUT
  • 泊まれる本屋の最新版

    “泊まれる本屋”がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO」が、カフェ移設で新宿にオープン。

    詳しく見る

  • 表参道で深夜メシ!

    蕎麦 VS お好み焼き どっちにする?

    詳しく見る

  • 表参道は巨大な池だった!?

    知られざる表参道の歴史をひも解く連載スタート。

    詳しく見る

  • 触れて感じる、アート展

    「ふれる」をテーマに最先端デザインの驚きとおもしろみに出会う!「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」。

    詳しく見る

  • #1
  • #2
  • #3
  • #4

土日もお値段そのまま!シンプルプライス

人気スポットランキング

NEWS

もっと見る

RANKING

PICK UP

もっと見る

ハイクラスホテル